• HOME
  • TOP
  • Others
  • 【コロナ対策】醤油さしが除菌液に!?都内でテイクアウトの商品を頼むとセットで付いてくるサービス開始

【コロナ対策】醤油さしが除菌液に!?都内でテイクアウトの商品を頼むとセットで付いてくるサービス開始

Others

 

お寿司を買ったりするとついてくる醤油のいれものといえば赤いキャップの魚🐟の醤油さしをイメージする方が多いのではないでしょうか。

その「魚の醤油さし」が、今度は青いキャップになり、1回分の除菌液を入れるサービスを東京都内の飲食店などでサービスを開始する。

また、この「魚の醤油さし」は、昨今の宴会やイベントの中止・自粛により、大量に余ってしまった調味料容器を使用。

 

 

除菌液は、グレープフルーツの種子のみから抽出されたエキス「GSE」に、精製水を混ぜた100%天然素材の「クリアンス EX」。残留農薬・防腐剤の検出もなく、化学物質を含まないため、誰でも安全に使用できるようになっています。

そしてこの除菌液は3時間以上続く高い除菌能力になっています。

 

サービスを取り入れる飲食店は、現在13店舗。代々木上原にあるミシュラン1つ星のフレンチレストラン「シオ」をはじめ、池ノ上駅直近のフレンチビストロ「トワル(la toil)」、渋谷の体験型ケータリングサービス「モッテイク」、中目黒にある産直野菜の“量り売り八百屋”「HACARI」などでサービスがスタートする。

なお、この「魚の醤油さし」は、「#SafeHandFish」というプロジェクトのもと完成。同プロジェクトは、除菌抗菌液「クリアンスEX」を販売するクリア電子と、調味料の小型容器の製造・充填を行う大石屋、そして企画とクリエイティブを担当するエードットの協業によって発足した。この青いキャップの「魚の醤油さし」は、デリバリー・テイクアウト業態の飲食店に、数量限定で無償提供される。

 

【詳細】
#SafeHandFish プロジェクト
実施店舗:シオ、モッテイク、ポットラック、トワル、恵比寿キッチン、OPEN nakameguro、青山ガパオ食堂、渋谷ガパオ食堂、恵比寿ガパオ食堂、青森料理わとな/らせら、ウサギ、トリアス ダイニング、茶割、Y2T スタンド、HACARI
※上記は2020年4月20日時点。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。